集団思考は1.1にしてから

掛け算に理屈をこじつけた例え話。
仕込み準備を怠った0.9の人と0.8の人がいっしょに仕事をする掛け算は、0.72になって二人それぞれの数字まで下回ります。0.72を繰り返す一年後は『0.72×365=262日』になり、365日枠を使って262日分の仕事や成果にしかできないかも知れません。

一方、仕込み準備をしっかりやった1.2の人と1.1の人がいっしょに仕事をする掛け算は、1.32です。1.32を繰り返す一年後は『1.32×365=481日』になり、365日枠を使って481日分の仕事や成果を手に入れることができる威力(スピード・精度・高さ・結果)です。

「継続は力なり」は確かですが、メンバー各自が1.1以上になって臨むと同時に、その仲間との違いを活かし合って掛け算の『値』を大きくしていくことが大事。プロ野球やプロサッカーなどの『チーム戦力』に置き換えてみると、分かりやすいですね。

さいきん、社員たちとそんな話しをしました。


Written by ヨシオトオル
INCRAVEでお役に立てそうなこと。お仕事の大小に関わらず、お気軽にご相談・お問い合わせください。心からお待ちしています!
お問い合わせフォーム