赤いトマトと幽霊と怪獣と

東京と仙台と。うちの新入社員たちもずいぶん仕事や会社生活にも慣れてきて、たまに失敗もするけど、先輩たちに習って難しい仕事にも果敢にトライしてくれています。

巷では、テレビドラマで見るような「優しい上司」や「友達みたいな上司」に憧れる声もありますが、それも善しとして、さらに「すごい上司(=怖いけどいつか越えたい目標になる)」を追う感覚も、けっこう大事なんじゃないかと思うんです。

前職時代に先輩からよく言われたことは、部下から見て「恐ろしい上司になるな、怖い上司であれ」でした。恐ろしいのは幽霊や怪獣であって、これは本人の常識や努力ではどうにもなりません(これがパワハラかな)。怖い上司というのは確かに怖い存在だけど、厳しくも温かく&私心なく関心をもって見てくれるので、本人が「いい仕事にするぞ」と、自分の為にこそ頑張れるわけです。一方の怖い上司も、表面だけじゃ正しい「怖い」とは成らないわけで、部下のまえに立つには、それなりの先回りや努力が常に必要になってきます。

相互成長を目指す上司と部下のいい関係性だと思うんだけど、古いのかな(笑。
… 斯く言う私も、先輩の域にはまだまだ遠く。。

さてさて話しは戻り、そんな新入社員のひとりR.Oさん(本社管理ブロック)が、仙台オフィスのみんなに捥ぎたてトマトをたくさん持ってきてくれました。持たせてくれたお家の皆さま、会社へのお心遣いありがとうございます。

完熟の味わいが濃くて甘酸っぱさがとっても美味しいトマトでした。みんなで大切にいただきました。ごちそうさまでした&ありがとうございました!


Written by ヨシオトオル
INCRAVEでお役に立てそうなこと。お仕事の大小に関わらず、お気軽にご相談・お問い合わせください。心からお待ちしています!
お問い合わせフォーム