Webフォームに146,000件を

「お問い合わせ送信フォーム」や「注文送信フォーム」などの様々なWeb送信フォームへの導入を実現する郵便番号住所変換システム「ZIPSERVER(ジップサーバー)」の仕様や機能性を刷新して、先日から全国に向けて提供を開始しました。

2008年に初めて開発・提供して以来、全国の大手ブランド企業様を中心に数多くのWebサイトに導入されている「ZIPSERVER」。
今回の刷新版では、AndroidやiOSなどのアプリ全般や基幹システムなどへの開発利用や応用ができるAPI形式を提供。さらに、SSL(暗号化通信技術)とSLA(99.997%のサービス品質保証)により、厳格な採用要件を有する商用シーンや用途にも通用する高い安定感と信頼性のもと、あらゆるWeb送信フォームに約146,000件の郵便番号データを活かした「郵便番号住所変換システム」の導入利用を実現します。

Web送信フォームを利用するユーザーに対して、住所入力そのものの手間を省くことで入力ミスをなくし、入力の簡便さを提供します。入力された住所を二次利用することを前提とした注文送信フォーム(ECサイト)や資料請求送信フォームなどへの導入にも、最適&オススメのWebアプリケーションです。

ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


Written by ヨシオトオル
INCRAVEでお役に立てそうなこと。お仕事の大小に関わらず、お気軽にご相談・お問い合わせください。心からお待ちしています!
お問い合わせフォーム