高度を上げたほうがいいとき

取締役は、全社グローバルの視点・視野に立った舵取りで、会社という全体単位が目指した「結果」が手に入るよう、社員たちと一体となってその職務を全うしていきます。

でもうちの場合、もちろん自分も含めて、企業の取締役に成れるような技量や経験がない素人の「個」が集まってスタートしている会社なので、そういう「個」が寄ってたかって「集団経営体制」と成り、ようやく一丁前に立っているようなものです。
他企業の取締役さんに比べたら人一倍の努力や勉強が欠かせませんし、自分が「経営者として相応しい」なんて考えた途端に、なにかを間違っていく恐れがあると思っています。

まぁ、経営者や取締役に限ったことではないんですが、人や組織の上に立っている人が「自分はできているのに」と周りのことが低く見えてしまうときが、いちばん危ないとき。そう見えるときは「自責」の視点・視野に立ち直してみることが、とにかく大事です。

そう見えるときは、だいたい「自分のほうが低い」とき。
経験則から言ってたぶんそう(^^;


Written by ヨシオトオル
INCRAVEでお役に立てそうなこと。お仕事の大小に関わらず、お気軽にご相談・お問い合わせください。心からお待ちしています!
お問い合わせフォーム