かつての仕事仲間に呼ばれて

今日はかつての仕事仲間に呼ばれて、ある話しを受けてきました。
最近の「インクレイブの仕事はどうもダメだ」という話しです。それをがっちりされました。そのダメさ加減に、インクレイブ卒業生として今がある彼も怒り心頭。

こちらが一番に情けない立場なのですが、こういうことをストレート&ダイレクトに言ってくれることが本当に有り難くて、それについても申し訳ないくらいです。
普通ならこんなことは決して言ってくれないわけで、言う方だって気持ちがよいことではありませんから、それをどんな想いや期待で言ってくれたことか。

実際にご迷惑を掛けてしまっているお客様があることなので、とにかく大至急&最優先で「自分の責任下で直ちに正す」ことを約束。直後、担当役員に指示を飛ばしました。

いまのお客様やお取り引きが当たり前で、明日も変わらず在るに決まってるという考え方は、傲慢であり、大間違いであり、大勘違いです。会社の仕事がなぜ頼ってもらえるのか。技術を含めて何を期待してもらっているのか。

手前都合や技術を言う前に、自分たちの「仕事とは」を立て直さないといけません。


Written by ヨシオトオル
INCRAVEでお役に立てそうなこと。お仕事の大小に関わらず、お気軽にご相談・お問い合わせください。心からお待ちしています!
お問い合わせフォーム