やっぱりヒトとヒトなので

担当者に頼まれていた証明書類を取得するために、県税事務所法務局へ。
申請書の書き方が間違ってしまっていたり、委任状を何通もつくっておく手間を考えると、直接、自分(代表者)が行ったほうが手っ取り早いことが多い。

たまにしか行なわない手続きなので、完璧に覚えておく必要もないし、窓口の方に教えてもらいながら進めたほうが、確実です(^^

それにしても、こういうところの窓口は、すごく親切&丁寧になったと思います。
やっぱりヒトとヒトなので、お互いに「ありがとう」と感じとれるキャッチボールを心掛けることが、ヒトとヒトが進める仕事には、とても大事です。

社内のヒトとヒトでも、同じ。
自分がやった仕事を渡す「後方者が自分のお客様」という感覚やセンスですね。
社内でその流れが途切れれば、お客様にまで届きません。


Written by ヨシオトオル
INCRAVEでお役に立てそうなこと。お仕事の大小に関わらず、お気軽にご相談・お問い合わせください。心からお待ちしています!
お問い合わせフォーム