今の先にこそ目指している成長が

仕事を重ねていくと、自分のスキル分野のチカラを疑い始めてしまうときがあります。
通用しなくなったり、敵わなくなったり、きっかけはいろいろ。自信のある「そこ」が自分を支えているわけなので、なかなか辛い。

認めたくないので自分以外のところに理由を探して納得性を固めたり、本当の自分の持ち味やチカラを活かそうとしない会社が悪いと考えたりもして、同調者まで探したくなる(笑。

とうぜん自分にもあって、若いころ2年くらいずっと嵌ってたかも。
もうね、誰からの助言もまともに入ってこない。自分が「正しい」という基準のほうを一切変えようとしないので、長いトンネルになっていく。

でもここ、チャンス(← 経験者は語る)。

自分の「ありたき姿」を持っている証拠。ここ乗り越えようとするとき、いま決めつけて思い込んでいることを「自責で捉え直す」ことが、はじめの一歩。無理矢理にでも負けを認めたところからやり直さないと、勝つほうにいけないんですよねぇ。

自分も未だにそうで、最近のレース活動で同じ情況に陥っていて、言い訳の効かない結果が公に晒され、屈辱感を味わうことばかり…(趣味のことで言っていますが、仕事も同じ)。

もちろん、自分の好きな世界だから逃げないし、諦めません。
今の先にこそ「目指している成長」があるのでね(^^


Written by ヨシオトオル
INCRAVEでお役に立てそうなこと。お仕事の大小に関わらず、お気軽にご相談・お問い合わせください。心からお待ちしています!
お問い合わせフォーム