「xmaps+」を発表しました!

インクレイブとインクレイブR&Dは、総務省が進める「ICT利活用の促進・オープンデータ戦略の推進」において各自治体が提供するオープンデータを、加工無しで地図上に表示することができる位置情報表示技術「xmaps+(クロスマップスプラス)」を開発し、7月13日から全国提供を開始しました。

詳しくはプレスリリースをご覧ください。
http://www.incrave.co.jp/news/2016/0713.html

▼応用シーンの例(仙台市オープンデータを使った例)としては、
 ① オープンデータを無加工でシンプルに地図上に表示する「ベーシック版
 ② データ構造を目的に合わせて最適化して地図上に表示する「カスタマイズ版
 ③ DBサーバとの連携で構造解析した結果を地図上に表示する「クラウド版
 ④ その他(xmaps+の技術を応用した新しいサービス開発への対応)

もちろん企業の皆さまのITビジネスにも導入可能です。 国内外や営利非営利や導入規模などに関わらず、各種データを地図上で可視化したい要望に応じて最適な提案や提供に応えることができます。

なにか皆さまのお役に立てそうでしたら、お気軽にご相談ください!


Written by ヨシオトオル
INCRAVEでお役に立てそうなこと。お仕事の大小に関わらず、お気軽にご相談・お問い合わせください。心からお待ちしています!
お問い合わせフォーム