IRDが開発中のアプリケーション

開発連携においてINCRAVEとは不可分関係にあるインクレイブR&D 粟野さんに頼まれて、自宅から開発中アプリケーション(プロトタイプ)の動作テスト。自宅から操作することに意味があるらしいんだけど、あまり詳しいことは教えてもらえない(笑。

言われたことは全て試してみたけど、
何の違和感や疑問もなく、直感的な操作ができました。

大規模データの持つ技術的課題である「収集・整理・取捨選択・保管・検索・共有・転送・解析・応用」など、これらの可視化技術パッケージングとして、お客様や社会に役立つ「応用技術&サービス」の一つになっていきそう。

楽しみです。


Written by ヨシオトオル
INCRAVEでお役に立てそうなこと。お仕事の大小に関わらず、お気軽にご相談・お問い合わせください。心からお待ちしています!
お問い合わせフォーム