お客様の魅力的な経営があってこそ

手前のテーブルと奥のテーブル、それぞれ違うお客様を担当している専任チームのメンバーたちが、それぞれの打ち合わせを行なっています。

要請を受けた仕事を「どうやるか」の話し合いは、当たり前。

そのお客様の立場にとことん隣り合わせてもらうところから「これならどうか・あれならどうだ」と、次の構想やアイデアまでをいっしょにテーブルに乗せていく。
今の局面(頼まれた仕事)に留まることなく、お届けする仕事(ものづくり)の「耐用性能」を上げるためにも、先々に必ず必要になってくるであろう「視野&視点(未来のために必要な仕事)」を、設計図のなかに加えていくようにします。

もちろん、お客様の魅力的な経営や事業が在るからこそ、です。


Written by ヨシオトオル
INCRAVEでお役に立てそうなこと。お仕事の大小に関わらず、お気軽にご相談・お問い合わせください。心からお待ちしています!
お問い合わせフォーム