今年も終盤、今期も後半

会社で必要な文具を見に行ったついでに、自分のシステム手帳用リフィール「2016年版・月間ダイアリー」を買ってきました。毎年、決まってこれを使っています。

それにしても、一年は早いですね。

「システム手帳に何を記していくのか」と言えば、単純に先々の決まっている予定を書いていることもあるんですが、やっぱり自分の場合は、一年の「事業期」をひとつのユニットとしてみて、経営(事業展開やお客様とのお取り引きなど)や社員たち(仕事課題や成長など)に対する「意図・計画・継続」を組み立てている目的が、いちばん大きいと思います。

とくに社員たちには、「仕事を通じて成長をして、しっかり給料を上げるんだぞ!」という気持ちで期中を見ていきます。そこに繋がらないような仕事があると堪らず叱ります。

INCRAVEの場合、売上は「仕事の結果論」であり「お客様からの通信簿」という考えなので、どこまでも「仕事の理想(お客様のため)」や「自分自身のため(技術者・業界人として)」を目指した仕事に取り組んでいけます。

そういう、私の「給料を上げろ!」の本質的意味は、
(たぶん)社員たちも理解してくれているんじゃないかな。。


Written by ヨシオトオル
INCRAVEでお役に立てそうなこと。お仕事の大小に関わらず、お気軽にご相談・お問い合わせください。心からお待ちしています!
お問い合わせフォーム