INCRAVEとIRDの不可分関係

IT製品を使うお客様のことを考えて遠慮のない要求やアイデアを言う丸山さん。なにを言われようが意地でも「出来ない」や「無理」とは言わない粟野さん。もちろん、他社競合製品の上を目指していくところも妥協は、無し。だからどんなときも「真似」は、NG。

INCRAVEとIRD(インクレイブR&D)との、日常的なやり取りです。

プロトタイプ版になれば、IT開発センターの技術者たちやお客様が実践で使い倒してみて、さらなる改善点や性能向上ポイントをフィードバックしていきます。いいIT製品にしていくには、本リリース前に、いかに「いい失敗」のほうをたくさん生んでいくかが大事です。

INCRAVEの各IT製品は、こういう仕事の連続と積み重ねの末に生まれて、お客様のITビジネスの各シーンでご利用いただいています。11月5日の「ビジネスマッチ東北(夢メッセみやぎ)」では、INCRAVEが培ってきた保有IT技術のひとつ「メール配信アプリケーション」に関する「2つの製品・5つの導入実例」をご紹介させていただく予定です。


Written by ヨシオトオル
INCRAVEでお役に立てそうなこと。お仕事の大小に関わらず、お気軽にご相談・お問い合わせください。心からお待ちしています!
お問い合わせフォーム