時限と仕事品質の両建てを目指す

休みや夜中を使ってでも仕事品質や結果にこだわってくる社員たちがいることを、丸山さんが(こっそり)教えてくれました。こういう動きはけっこう見逃してないつもりでしたが、あっさり見逃してますね(^^;。私に見つかると「勤務時間内で出来ないとはチカラが足りないな」ですから、うまくやっているんだと思います。

たしかになぁ。時限と仕事品質、要件達成を含んだ読みどおりの仕事ができるのは、私の歳でも難しい(←私の能力的問題かな。。)。でも、自分もそうでしたが、悲壮感や犠牲心を背負って「会社の為に」なんて思ったことは一度もなくて、自分のチカラが見てみたいという興味&挑戦してみる楽しさ、だけでした。
上司やお客様から、「よし、これでいこう!」と言ってもらえたときの達成感や嬉しさ。そういう場数と積み重ねから自分のための努力や投資を信頼していきます。

そしてこれは、素晴らしい経営・事業を持つたくさんのお客様とお付き合いをさせてもらえている背景があるからに違いないです。会社員というよりは「技術者」として、その期待に応えようとして直向き・純粋に頑張っているんだと思います。

IT開発センターの統括責任を預かる丸山さんは、四六時中こういう社員たちに付き合うことになっていて大変そうですが、、けっこう嬉しそうです。


Written by ヨシオトオル
INCRAVEでお役に立てそうなこと。お仕事の大小に関わらず、お気軽にご相談・お問い合わせください。心からお待ちしています!
お問い合わせフォーム