自分たちのことは常に後回し

おはようございます。「しごと場365」を書きはじめて、今日で10日目です。

Webサイトを活かしていく「基本」でもあるのですが、情報の1個1個だけを見るだけでは分かりにくくても、積み上げてみた全体感から初めて見えてくる印象・評価みたいなことが、目的の達成性能を決めていく上で、いちばん大事なポイントです。
つくって公開したから課題が片付く、最新情報をアップしたからすぐ効果が出る、という性質媒体ではないため、所期目標を目指した「意図的・計画的・継続的」な運用こそが、その後の永続的な成功を左右します。

INCRAVEが、お客様との運用フェーズを重視して考える理由は、ここにあります。

ちょっと脱線しましたが、…というわけで、自分自身で改めて10日を振り返って記事を読み直してみました。 その中で客観的に感じたひとつですが、いかにも「自分たちは完璧に出来ている」前提の記事です(←イヤな感じ)。これは正しくないので、この辺りの実情をちゃんと言いますと「全くぜんぜん」なんです。。

INCRAVEは、お客様に果たす「仕事責任」が常に最優先。で、自分たちのことは後回し。会社づくりの点から見れば、困ったことが多く起きますが、そのときは何とかする。
創業メンバーたちの「血」というか「質(たち)」というか、それが普通で、自然とそう進めようとするINCRAVEの企業文化みたいなことが作用していくのでしょう。いちいちの売上よりも「こういう仕事じゃなきゃダメだ!」にこだわり優先して考えていくメンバーなので、お金儲けに長けたヒトが一人もいない。これはこれで問題。。

これからの「しごと場365」も「自分たちの勉強や鍛え上げ」も、がんばります!


Written by ヨシオトオル
INCRAVEでお役に立てそうなこと。お仕事の大小に関わらず、お気軽にご相談・お問い合わせください。心からお待ちしています!
お問い合わせフォーム